展覧会ピックアップ artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス!
展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールフォームに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の郵便番号、住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →招待券

展覧会ピックアップ

更新日:2019年1月4日

第20回 富士山写真大賞展 2019 FACE受賞作家展 民藝のバスケタリー
 第20回 富士山写真大賞展   絵画のゆくえ
 2019 FACE受賞作家展
  民藝のバスケタリー
  ―籠・笊・蓑―
今回の第 20 回富士山写真大賞には全国より 1200 点以上の応募が寄せられました。 本展はその中から厳正な審査によって 選出された力作50点を展示いたします。
さまざまな角度、さまざまな気象条件によって美しく表情を変化させる 富士の姿をご覧いただけます。
2013年6月、ユネスコの世界文化遺産に登録され、いまや世界の宝 となった富士山の優れた姿を後世に伝えるとともに、 『富士山憲章』の周知と 遵守につながれば幸いです。
本展は、FACE2016からFACE2018までの3年間の「グランプリ」「優秀賞」受賞作家たち11名の、近作・新作約100点を展示し、 受賞作家たちの受賞後の展開をご紹介します。

また、当館所蔵作品となった「グランプリ」受賞作品3点も併せて展示します。
本展では、国内外の編組品約90点と共に、染色家・芹沢銈介が蓑と背中当を題材に制作した「みのけら図二曲屏風」、「ばんどり図四曲屏風」も 併せてご紹介します。
日々の生活に、親しく寄り添ってきたバスケタリーの魅力をお楽しみください。

会場

河口湖美術館(富士河口湖町)

会場

損保ジャパン日本興亜美術館(西新宿)

会場

大阪日本民芸館(千里万博公園)

期間

1月1日(火・祝)~ 3月31日(日)

期間

1月12(土)~ 2月17日(日)

期間

9月8日(土) ~ 12月16日(日)

招待券 20枚

招待券 残り3枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
海と遺跡  ドービニー展 「椿つれづれ」
山口蓬春 「椿」 1965年
   海と遺跡
  ー古墳時代ー
   ドービニー展
 ゴッホが愛した風景画家
    「椿つれづれ」
博多の地下には中世の貿易都市の遺跡がありますが、その発掘調査で思いがけず、5世紀代の埴輪などとともに 前方後円墳が発見されました。

 今回の展示では福岡市内の古墳から発掘された資料を中心に紹介し、“海の古墳”の謎にせまります。
シャルル=フランソワ・ドービニーはゴッホが敬愛したバルビゾン派の風景画家で、船で旅をしながら描いたという 穏やかな川辺の風景画で知られています。
本展は、ドービニーの日本ではじめての本格的な個展で、国内外の所蔵のドービニー作品を中心に紹介します!
今回の展覧会では、横山大観や山口蓬春、小村雪岱らによる日本画をはじめ、鳥海青児、林 武などの油彩、
北村昭斎、十三代 今泉今右衛門、田村耕一らによる漆芸や陶芸に加え、資生堂企業資料館のコレクションから、 椿百余種をさまざまな調度類と共に描いた『百椿図』(古写本・江戸時代)や、江戸時代に制作された、松椿蒔絵の 化粧道具や調度類などを展示いたします。

会場

福岡市博物館(福岡市早良区)

会場

ひろしま美術館

会場

資生堂アートハウス (静岡県掛川市)

期間

12月11日(火) ~ 3月31日(日)

期間

1月3日(木)~ 3月24日(日)

期間

1月16日(土)~ 3月31日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
岩﨑家のお雛さまと御所人形 柳宗悦の「直観」 アナザー・ストーリー
五世大木平蔵作「岩﨑家雛人形」
のうち内離雛

岩﨑家のお雛さまと御所人形    柳宗悦の「直観」
   美を見いだす力
 アナザー・ストーリー
人の数だけ、物語がある。
桐村家で長く愛玩・公開されてきた「岩﨑家雛人形」に加え、御所人形や犬筥など、人形の優品が静嘉堂に寄贈された ことを記念し、人形展を開催いたします。
本展出品の、小彌太の還暦祝いに孝子夫人から贈られた子供たちが七福神とともに寿ぐ58体からなる「木彫彩色御所人形」の一大群像も、 五世大木平藏によるものです。
柳は、「直観とは文字が示唆する通り『直ちに観る』意味である。美しさへの理解にとっては、どうしてもこの直観が 必要なのである。と述べています。

本展では柳の眼差しを追体験してもらうため、説明や解説を省き、時代や産地、分野を問わず、柳が蒐めた名品を中心にして一堂に 展観します。
本展覧会では、高崎市美術館のコレクションから「もうひとつの物語」を秘めた作品たちを選び、「人生の中の顔」 「物語る絵画たち」「戦争と美術」などをキーワードとして読み解いていきます。
加えて、群馬県を拠点に活躍する長野順子(銅版画)、大竹夏紀(ろうけつ染め)、村上早(銅版画)の3人の作家の作品をとおして、 彼女たちの心のうちに秘められたユニークな物語を紹介します。

会場

静嘉堂文庫美術館 (二子玉川)

会場

日本民藝館(目黒区駒場)

会場

高崎市美術館(高崎市八島町)

期間

1月29日(火) ~ 3月24日(日)

期間

1月11日(金) ~ 3月24日(日)

期間

12月15日(土) ~ 1月20日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら