展覧会ピックアップ artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス!
展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールフォームに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の郵便番号、住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →招待券

展覧会ピックアップ

更新日:2019年2月14日

第20回 富士山写真大賞展 モダンデザインが結ぶ暮らしの夢 初期伊万里
アントニン&ノエミ・レーモンド
旧井上房一郎邸・居間
(高崎市美術館内)
 第20回 富士山写真大賞展 モダンデザインが結ぶ暮らしの夢    初期伊万里展
  ー大陸への憧憬ー
今回の第 20 回富士山写真大賞には全国より 1200 点以上の応募が寄せられました。 本展はその中から厳正な審査によって 選出された力作50点を展示いたします。
さまざまな角度、さまざまな気象条件によって美しく表情を変化させる 富士の姿をご覧いただけます。
2013年6月、ユネスコの世界文化遺産に登録され、いまや世界の宝 となった富士山の優れた姿を後世に伝えるとともに、 『富士山憲章』の周知と 遵守につながれば幸いです。
タウト没後80年、レーモンド生誕130年、井上生誕120年、そしてイサム・ノグチ(1904-88)没後30年を 記念するこの展覧会は、レーモンドや剣持と交流したイサム・ノグチらの同床異夢をみつめ、両大戦間期に育まれた芽が戦争を へて更新していく様を辿ります。 日本初の国産磁器として佐賀・有田で誕生した伊万里焼。
1610年代から、1630年代頃までの作品群を「初期伊万里」と呼んでいます。

今展では中国・朝鮮陶磁を含む約80点の作品から、朝鮮からの影響、中国への憧れを中心に、初期伊万里の魅力をご紹介いたします。

会場

河口湖美術館(富士河口湖町)

会場

高崎市美術館(西新宿)

会場

戸栗美術館(渋谷区松濤)

期間

1月1日(火・祝)~ 3月31日(日)

期間

2月2(土)~ 3月31日(日)

期間

1月8日(火) ~ 3月24日(日)

招待券 20枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
海と遺跡  ドービニー展 「椿つれづれ」
山口蓬春 「椿」 1965年
   海と遺跡
  ー古墳時代ー
   ドービニー展
 ゴッホが愛した風景画家
    「椿つれづれ」
博多の地下には中世の貿易都市の遺跡がありますが、その発掘調査で思いがけず、5世紀代の埴輪などとともに 前方後円墳が発見されました。

 今回の展示では福岡市内の古墳から発掘された資料を中心に紹介し、“海の古墳”の謎にせまります。
シャルル=フランソワ・ドービニーはゴッホが敬愛したバルビゾン派の風景画家で、船で旅をしながら描いたという 穏やかな川辺の風景画で知られています。
本展は、ドービニーの日本ではじめての本格的な個展で、国内外の所蔵のドービニー作品を中心に紹介します!
今回の展覧会では、横山大観や山口蓬春、小村雪岱らによる日本画をはじめ、鳥海青児、林 武などの油彩、
北村昭斎、十三代 今泉今右衛門、田村耕一らによる漆芸や陶芸に加え、資生堂企業資料館のコレクションから、 椿百余種をさまざまな調度類と共に描いた『百椿図』(古写本・江戸時代)や、江戸時代に制作された、松椿蒔絵の 化粧道具や調度類などを展示いたします。

会場

福岡市博物館(福岡市早良区)

会場

ひろしま美術館

会場

資生堂アートハウス (静岡県掛川市)

期間

12月11日(火) ~ 3月31日(日)

期間

1月3日(木)~ 3月24日(日)

期間

1月16日(土)~ 3月31日(日)

招待券 2枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
岩﨑家のお雛さまと御所人形 柳宗悦の「直観」 イサム・ノグチと長谷川三郎
五世大木平蔵作「岩﨑家雛人形」
のうち内離雛

岩﨑家のお雛さまと御所人形  柳宗悦の「直観」
   美を見いだす力
イサム・ノグチと長谷川三郎
変わるものと変わらざるもの
桐村家で長く愛玩・公開されてきた「岩﨑家雛人形」に加え、御所人形や犬筥など、人形の優品が静嘉堂に寄贈された ことを記念し、人形展を開催いたします。
本展出品の、小彌太の還暦祝いに孝子夫人から贈られた子供たちが七福神とともに寿ぐ58体からなる「木彫彩色御所人形」の一大群像も、 五世大木平藏によるものです。
柳は、「直観とは文字が示唆する通り『直ちに観る』意味である。美しさへの理解にとっては、どうしてもこの直観が 必要なのである。と述べています。

本展では柳の眼差しを追体験してもらうため、説明や解説を省き、時代や産地、分野を問わず、柳が蒐めた名品を中心にして一堂に 展観します。
本展は、彫刻家イサム・ノグチと画家長谷川三郎が共に歩んだ1950年代を中心に、ノグチ作品約50点、 長谷川作品約70点を通して戦後の日本美術が進むべき道を切り拓こうとした、ふたりの芸術家の交流と創作の軌跡を辿ります。
会期中、展覧会をさらに楽しむための多彩なイベントも開催します。

会場

静嘉堂文庫美術館 (二子玉川)

会場

日本民藝館(目黒区駒場)

会場

横浜美術館(横浜市みなとみらい)

期間

1月29日(火) ~ 3月24日(日)

期間

1月11日(金) ~ 3月24日(日)

期間

1月12日(土) ~ 3月24日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら