注目作家の個展 artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス! 展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →  招待券

注目作家の個展紹介

更新日:2018年6月29日

河井寬次郎展 絵と、vol.2 藤城嘘 安田泰三 ガラス展
《三色打薬双頭扁壺》
1961年頃、個人蔵
(C)Uso Fujishiro, 2018
 没後50年 河井寬次郎展   絵と、vol.2 藤城嘘   安田泰三 ガラス展
本展では、河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる 山口大学所蔵作品などの陶芸や木彫、書、調度類などを紹介し、 寬次郎の仕事の全貌と深い精神世界を辿ります。
さらにパナソニックの創業者、松下幸之助が寬次郎に文化勲章を推薦した際に贈った当時の 最新トランジスタラジオ「パナペット(R-8)」の同型品を特別出品いたします。
1990年東京都生まれ。
2015年日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒業。
2008年より、SNSを通してweb上で作品を発表する作家を集めた 「ポストポッパーズ」「カオス*ラウンジ」など、 多数の集団展示企画活動を展開。
富山県富山市にアトリエを構える安田泰三さんは、18歳でガラスづくりを志し、宙吹き技法で創造する花器・茶道具 ・テーブルウェア・オブジェなどを製作されています。
ガラスのやわらかな表情、手作りで生まれる繊細な文様にこだわり、レースやミルフィオリを折り込んだ彩り豊かで上品な作品を お楽しみください。

会場

パナソニック汐留ミュージアム(東新橋)

会場

gallery α M(東神田1)

会場

北澤美術館(諏訪市)

期間

7月7(土)~ 9月16日(日)

期間

6月16日(土)~ 8月10日(土)

期間

6月13日(水)~ 7月18日(水)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
「山陰にて」 深堀隆介展 本郷英幸写真展
   「山陰にて」
  植田正治の撮影小旅行
 金魚絵師 深堀隆介展
   平成しんちう屋
  本郷英幸写真展
 海底小世界の色風景
山陰の光や風、そして素朴な人々の暮らしや風情に対して、植田は独自の感性でアプローチし、 生涯にわたり撮影小旅行へと導かれたのでしょう。
鳥取砂丘の異空間、表情豊かな海、湖面の輝き、山や農村の変わらぬ佇まい、 そして歴史を感じさせる島根半島や松江の風景など、写真家・植田正治を育んだともいえる「山陰」を 植田の写真を通してあらためて浮き彫りにします。
透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く若手現代美術家・深堀隆介(1973生)の、公立美術館で初めての本格的な個展。

初期作品から最新作のインスタレーション《平成しんちう屋》まで約200点を紹介します。
何回繰り返してもなぜか気持ち踊る瞬間。
ファインダー越しに一面に映る、褪せることのない鮮やかな世界。
目の前に拡がる光と色に想いを重ねて水の底でシャッターを切り続けてきました。
色に想いを巡らせ、描くように・・海の中の小さなやさしい、色の世界をご覧いただければと思います。

会場

植田正治写真美術館(鳥取県伯耆町)

会場

平塚市美術館

会場

オリンパスプラザ東京(西新宿1丁目)

期間

6月9日(土)~ 9月2日(日)

期間

7月7日(土) ~ 9月2日(日)

期間

7月6日(金) ~ 7月25日(水)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら