• 「ゴッホ展」
  • 「ゴッホ展」
  • 「ゴッホ展」
  • 「ゴッホ展」
  • 「ゴッホ展」

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

ゴッホ展

ゴッホ展
ー巡りゆく日本の夢ー

10月24日(火)~1月8日(月・祝)

ゴッホは、パリ時代からアルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるなど、日本に高い関心を寄せていました。 一方で、ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していた ことが明らかになりました。
本展では、ゴッホの油彩画やデッサン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点に加え、関連資料を通して、 ゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を紹介します。

東京都美術館(上野公園)

詳しくはこちら

「怖い絵」展

「怖い絵」展


10月7日(土)~12月17日(日)

ドイツ文学者・中野京子氏が2007年に上梓した『怖い絵』発刊10周年を記念して開催する本展は、シリーズで取り上げた作品を筆頭に「恐怖」を主題とする傑作を選び出しテーマごとに展示します。
普段私たちが美術に求める「美」にも匹敵する「恐怖」の魅力を余すことなく紹介する、今までにない展覧会です。

上野の森美術館(上野公園)

詳しくはこちら

「皇室の彩」

皇室の彩 百年前の文化プロジェクト

10月28日(土)~11月26日(日)

本展では、宮内庁に現存する作品とともに、その制作にまつわる作品や資料を紹介いたします。 また本展は、東京美術学校を継承する東京藝術大学の創立130周年を記念して、東京美術学校にゆかりある皇室に関わる名作の数々も合わせて展示いたします。 皇室献上後、皇居外で初めて公開される作品を中心に、100年前の皇室が支えた文化プロジェクトの精華をお楽しみください。

東京芸術大学大学美術館(上野公園)

詳しくはこちら

空想の旅人 アンデルセン展

空想の旅人 アンデルセン展

8月26日(土)~ 10月22日(日)

アンデルセンの出身国であるデンマークとの国交樹立150周年を記念し、デンマーク王室を紹介し、デンマークのオーデンセ市立博物館収蔵のアンデルセンに関する貴重な資料を展示します。
アンデルセンの童話には、アンデルセンが辿った波乱万丈な人生に関わる深いメッセージが込められていると言われています。アンデルセンの人生や切り絵作品などの芸術的才能を知り、美しい童話に秘められた深いメッセージをぜひ感じていただきたいと思います。

狭山市立博物館(狭山市稲荷山)

詳しくはこちら

「典雅と奇想」 

「典雅と奇想」 
ー明末清初の中国名画展ー

11月3日(金・祝) ~ 12月10日(日)

明末清初(16世紀後期~18世紀初)の中国には、主流となった呉派を発展させた正統派の画家が活躍する一方で、彼らの典雅な山水表現に背を向けた異端の画家たちが現れます。

本展は、当館のコレクションを軸として、他の美術館・博物館所蔵の名品優品をこれに加え、「典雅と奇想」という切り口で明末清初の中国絵画を見直し、歴史の変動期に生きた画人たちを紹介するものです。

泉屋博古館 分館 (六本木)

詳しくはこちら

「運慶」

「運慶」
  興福寺中金堂再建記念特別展

9月26日(火)~ 11月26日(日)

日本で最も著名な仏師・運慶。卓越した造形力で生きているかのような現実感に富んだ仏像を生み出し、輝かしい彫刻の時代をリードしました。 本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧します。さらに運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までをたどります。

画像;重要文化財 仏頭(ぶっとう)
運慶作 鎌倉時代・文治2年
奈良・興福寺蔵

東京国立博物館 平成館(上野)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

萩尾望都SF原画展

萩尾望都SF原画展
宇宙にあそび、異世界にはばたく

11月11日(火) ~ 12月23日(日)

日本の少女漫画史におけるSFの
黎明期を担った萩尾望都のカラー
イラストレーション、コミック
生原稿など、約400点のSF原画が
大集合する展覧会がやってきま
した。
1975年に発表され本格的SF作品
として漫画界に衝撃を与えた
『11人いる!』をはじめ『銀の
三角』『マージナル』『バルバラ
異界』など名作の数々を展観。
惑星に魅入られた奇跡の漫画家
・萩尾望都が描きだした星々が
きらめく、夢の展示空間が実現
します!

佐野美術館(静岡県三島市)

詳しくはこちら


マックス・クリンガー版画展

マックス・クリンガー版画展

9月16日(土)~ 11月5日(日)

クリンガー生誕160年を記念する
本展覧会では、当館収蔵品に加え、
版画集『ドラマ』(作品IX)
[町田市立国際版画美術館蔵]や
『死について 第2部』(作品XIII)
[静岡県立美術館蔵]、ベルリン
美術館総長を務めたヴィルヘルム・
ボーデやクリンガー自身の蔵書票
なども展示し、この卓越した芸術家
の版画作品をより広く紹介します。

神奈川県立近代美術館 葉山

詳しくはこちら

 麻田浩展

没後20年 麻田浩展
―静謐なる楽園の廃墟―

9月28日(木)~ 11月19日(日)

―静謐なる楽園の廃墟―

麻田浩は、京都市立芸術大学の教授を
務めながら、水滴や羽根などの自然物
を配した「原風景」とともに、
「原都市」と名づけられた美しき廃墟
空間を描き続けました。
本年は麻田が没して20年という記念の
年にあたります。初期から晩年まで、
約140点の油彩画、版画等を通し、
麻田の画業を振り返る展覧会です。

画像:<Fenetre et Terre>1974年頃
    リトグラフ・紙

練馬区立美術館

詳しくはこちら

アートレポート(とっても気になる展覧会)

アルチンボルド展
   《春》1563年  油彩/板

レポーター:勅使河原 純

2017/7/19 update

○アルチンボルド展 ★★★★★
  (国立西洋美術館 ~ 2017年9月24日)

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-93)はその85-86年後、
ウィーン宮廷に仕える忠実な<王の画家>として、「四季」
の連作を描きはじめる。このとき草花を衣裳と襟と髪の毛を
飾る印象深い小道具としてだけでなく、マクシミリアン大公
という男性の上半身すべてをこれで構成してみせるという、
破天荒なアイデアを思いついたのである。逆にいえば、彼が
ボッティチェリに楯突くにはそれしか手がなかったのだ。

詳しくはこちらから

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2017/8/7

■貸しギャラリー検索、展覧会検索のスマホ対応

 「貸しギャラリー検索」と「展覧会検索」サイトをスマホ対応
 版にリニューアルしました。ギャラリー(会場)情報とギャラ
 リー様が告知する展覧会情報に、<貸しギャラリー予約>や
 <作品購入問合せ>をGETする「電話問合せ」ボタンを設置
 掲載料は<電話が入った時>発生します。
 お客様獲得にご利用下さい。

 貸しギャラリー検索こちらから
 展覧会検索こちらから

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・博物館・公共施設様へのご案内 貸しギャラリー・画廊様へのご案内 百貨店・商業施設・その他様へのご案内 Artists様へのご案内