• 「artshow1」
  • 「artshow2」
  • 「artshow3」
  • 「artshow4」
  • 「artshow5」

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

歌仙

歌仙

7月9日(月)~ 9月29日(土)

わが国では奈良・平安時代の和歌にすぐれた人を「歌聖」「歌仙」と呼びました。 これら歌人の画像にその代表歌一首を書き添えた歌仙絵が生まれます。 歌仙信仰にともない、歌仙像は名だたる絵師に、歌は能書の公卿に書写を 依頼して制作されました。
このたびの展示は、それぞれの時代に作られたさまざまな歌仙の姿を 一望しようと試みるものです。

センチュリーミュージアム(東京都新宿区)

詳しくはこちら

巨匠たちのクレパス画展

巨匠たちのクレパス画展
ー日本近代から現代まで


7月14日(土)~ 9月9日(日)

本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎(かなえ)をはじめ、 大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併せて紹介します。
100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画の競演をどうぞお楽しみください。

損保ジャパン日本興亜美術館(西新宿)

詳しくはこちら

「世界の鉄道」

「世界の鉄道」展
―漆黒と金銀が織りなす美の世界

7月4日(水)~ 9月30日(日)

鉄道と旅をテーマにした展示です。世界の著名な観光路線や、歴史的な鉄道を切手で楽しみます。 SL、豪華列車、登山鉄道、高速鉄道、地下鉄、路面電車、ケーブルカー、鉄道橋、駅舎などを 描いた世界の切手、約800点を展示します。
切手を見ながら、まるで世界を巡る小さな旅をしている気分になれるのでは?
この夏、切手の博物館で、鉄道切手の世界をお楽しみください。

切手の博物館(東京都豊島区)

詳しくはこちら

ショーメ

ショーメ
時空を超える宝飾芸術の世界

6月28(木)~ 9月17日(月・祝)

 ショーメの歴史、文化、スタイルを巡る新たな旅です。
本展は、ジュエリーと芸術的潮流、また歴史的作品と現代の作品との絶え間ない対話によって彩られます。
そしてこの特別展では、優れた40のコレクションと名だたる15の美術館・文化施設の支援により、18世紀から今日までのジュエリー、 工芸品、絵画、デザイン画など、未公開を含む約300点の作品が展示されます。


三菱一号館美術館(丸の内)

詳しくはこちら

 「モネ それからの100年」

「モネ それからの100年」

7月14日(土) ~ 9月24日(月・休)

印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、 描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。
本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像65点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた 結びつきを浮き彫りにします。


横浜美術館(みなとみらい)

詳しくはこちら

新版画展

新版画展
美しき日本の風景

7月5日(木)~ 8月1日(水)

新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、 葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。
川瀬巴水と吉田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点で、新版画ならではの写実的な風景をお楽しみください。

画像:吉田博「日本アルプス12題の内、穂高山」

美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

岩合光昭写真展

岩合光昭写真展
「ネコライオン」

7月7日(土) ~ 9月2日(日)

ネコは小さなライオンだ。ライオンは
大きなネコだ。
地球上のあらゆる地域をフィールドに
活躍する動物写真家・岩合光昭。
人間の身近に暮らすネコと、野生に
生きるライオンにスポットを当てた
写真展を開催します。
似ていないようで似ているネコと
ライオンの、五感を対比させた作品
約100点で、私たち人間がどこかに
忘れてきてしまった“野生”を
浮き彫りにします。


佐野美術館(静岡県三島市)

詳しくはこちら


芳年

芳年
激動の時代の鬼才浮世絵師

8月5日(日)~ 9月24日(月・休)

激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

月岡芳年(天保10年~明治25年)は
歌川国芳に入門。幕末は武者絵を
中心に、晩年の10年間に描いた錦絵
は名作・代表作揃いです。
この展覧会は芳年のコレクションと
しては質量ともに世界屈指といえる
西井正氣氏の収蔵品の中から選り
すぐりの263点で、芳年の画業の
全貌を紹介するものです。


練馬区立美術館

詳しくはこちら

萩尾望都SF原画展

萩尾望都SF原画展
宇宙にあそび、異世界にはばたく

7月14日(土)~ 9月9日(日)

本展覧会では、日本の少女漫画史に
おけるSFの黎明期を担った萩尾望都
のカラーイラストレーション、コミ
ック生原稿など、約400点のSF原画が
大集合。
惑星に魅入られた奇跡の漫画家・
萩尾望都が描きだした星々が煌
(きらめ)く、夢の展示空間が実現
します!

画像:「スター・レッド」
   (c)萩尾望都/小学館

高崎市美術館(高崎市高松町)

詳しくはこちら

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2018/6/26

■スマホ対応【個展みにきてHP】をリリース

 個展情報(開催予定個展、個展履歴)を表示した
<SNSメディアボタン>の付いたギャラリー様
向けテンプレート・ホームページです。
スマホ版でクリックするとギャラリー様に電話が
つながる<問合せ>ボタンを設置しました。
 このHPに掲載する個展は同時に「Artshow.jp/展覧会
 検索」に掲載されます。
 
詳しくは「貸しギャラリー・画廊様へのご案内」をご覧下さい

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・博物館・公共施設様へのご案内 貸しギャラリー・画廊様へのご案内 百貨店・商業施設・その他様へのご案内 Artists様へのご案内