• 「artshow1」
  • 「artshow2」
  • 「artshow3」
  • 「artshow4」
  • 「artshow5」

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

プーシキン美術館展

プーシキン美術館展
旅するフランス風景画

4月14日(土)~7月8日(日)

モスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。
様々な情景を舞台にした風景画は、その土地のにおいや太陽の煌めき、風にそよぐ木々や街のさざめきをも感じさせてくれます。
なかでも、初来日となるモネの《草上の昼食》では、同時代の人物たちとみずみずしい自然の風景が見事に調和しています。

東京都美術館(上野公園)

詳しくはこちら

ブリヂストン美術館展

ブリヂストン美術館展
石橋財団コレクションの精華


4月21日(土)~6月24日(日)

本展ではブリヂストン美術館が休館中でなければ叶わないコロー、ルノワール、セザンヌ、ピカソなど19世紀から20世紀前半にかけての西洋近代絵画、そして黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治、岸田劉生など明治から大正、昭和初期にかけての日本近代洋画の名品、重要文化財4点を含む合計84点を出品します。

画像:関根正二「子供」1919年

北海道立近代美術館(札幌市)

詳しくはこちら

うるしの彩り

うるしの彩り
―漆黒と金銀が織りなす美の世界

6月2日(土)~ 7月16日(月・祝)

本展では、住友家に伝わった日本、琉球、朝鮮、中国の漆工芸品の中から、茶道具や香道具、そして近代に製作された 華やかなおもてなしのうつわをご紹介します。
伝統文化の世界で重用された作品や、京都で作られた雅な会席具や書斎を飾る硯箱など、ご紹介するとともに、文人たちが 愛玩した中国や琉球の作品もあわせて展示します。

泉屋博古館分館(六本木)

詳しくはこちら

ショーメ

ショーメ
時空を超える宝飾芸術の世界

6月28(木)~ 9月17日(月・祝)

 ショーメの歴史、文化、スタイルを巡る新たな旅です。
本展は、ジュエリーと芸術的潮流、また歴史的作品と現代の作品との絶え間ない対話によって彩られます。
そしてこの特別展では、優れた40のコレクションと名だたる15の美術館・文化施設の支援により、18世紀から今日までのジュエリー、 工芸品、絵画、デザイン画など、未公開を含む約300点の作品が展示されます。


三菱一号館美術館(丸の内)

詳しくはこちら

 「ヌード NUDE」

「ヌード NUDE」 
ー英国テート・コレクションより

3月24日(土) ~ 6月24日(日)

本展は、世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐ときます。 フレデリック・ロード・レイトンが神話を題材として描いた理想化された裸体から、現代における身体の解釈をとおして、ヌードを めぐる表現がいかに時代とともに変化し、また芸術表現としてどのような意味をもちうるのか、絵画、彫刻、版画、写真など約130点でたどります。

画像:パブロ・ピカソ《首飾りをした裸婦》1968年 油彩/カンヴァス

横浜美術館(みなとみらい)

詳しくはこちら

新版画展

新版画展
美しき日本の風景

7月5日(木)~ 8月1日(水)

新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、 葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。
川瀬巴水と吉田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点で、新版画ならではの写実的な風景をお楽しみください。

画像:吉田博「日本アルプス12題の内、穂高山」

美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

岩合光昭写真展

岩合光昭写真展
「ネコライオン」

7月7日(土) ~ 9月2日(日)

ネコは小さなライオンだ。ライオンは
大きなネコだ。
地球上のあらゆる地域をフィールドに
活躍する動物写真家・岩合光昭。
人間の身近に暮らすネコと、野生に
生きるライオンにスポットを当てた
写真展を開催します。
似ていないようで似ているネコと
ライオンの、五感を対比させた作品
約100点で、私たち人間がどこかに
忘れてきてしまった“野生”を
浮き彫りにします。


佐野美術館(静岡県三島市)

詳しくはこちら


「ブルーノ・ムナーリ」展

「ブルーノ・ムナーリ」展

4月7日(土)~ 6月10日(日)

本展は、芸術からデザインそして
児童教育に至るまで独創的な活動を
繰り広げたブルーノ・ムナーリ
(1907-1998)の、はてしない
活動を体験するための展覧会です。
本展は、1985年にこどもの城
(渋谷)における回顧展の際に
実演されたワークショップを
「ムナーリを読み解く鍵」として、
その全生涯にわたる作品約320点
をご紹介します。


神奈川県立近代美術館 葉山

詳しくはこちら

 水野 暁 展

水野 暁 展
リアリティの在りか

4月15日(日)~ 7月1日(日)

画家、水野暁)は、徹底した描写を
根底におきながら、実験的な表現も
試みつつ新たな写実絵画の可能性を
追求してきました。
現場で描くことを基本軸に置く水野
は、時とともに移ろう対象を五感で
とらえ、変化のままにドローイング
を積み重ねていきます。
初期の作品から滞欧期の制作、そし
て帰国後の最新作を含む約90点を
展示し、水野暁の追求するリアリ
ティの在りかを探ります。

画像:「残響-異国の光-」2014-2016年
油彩・キャンバス

高崎市美術館(高崎市高松町)

詳しくはこちら

アートレポート(もう一度みたい展覧会)

「離騒」
  フウネフェルの「死者の書」
  口開けの儀式の場面(部分)

レポーター:勅使河原 純

2018/1/30 update

○大英博物館 古代エジプト展 ★★★★★
  (森アーツセンターギャラリー/六本木ヒルズ ~2012年9月17日)

古代エジプト文明は、その美術が端的に示しているように、きわめて明快精緻な
印象を与える。 複雑ではあっても厳格に様式化されているからだ。
本展ではこの「死者の書」に焦点を合わせ、その徹底的な解明が試みられる。

詳しくはこちらから

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2018/5/7

■スマホ対応【ギャラリー個展ブログ】をリリース

 個展をPRしてギャラリー様にお客様を呼び込むHPです。
 スマホ版でクリックするとギャラリー様に電話がつながる
 <問合せ>ボタンを設置しました。
 このブログに掲載する個展は同時に「Artshow.jp/展覧会
 検索」に掲載されます。
 
詳しくは「貸しギャラリー・画廊様へのご案内」をご覧下さい

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・博物館・公共施設様へのご案内 貸しギャラリー・画廊様へのご案内 百貨店・商業施設・その他様へのご案内 Artists様へのご案内