展覧会ピックアップ artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス!
展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールフォームに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の郵便番号、住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →招待券

展覧会ピックアップ

更新日:2020年10月20日

分離派建築会100年展 道草展 京の美術
上村松園《舞仕度》1914年
 分離派建築会100年展
   ー建築は芸術か?
  道草展
  未知とともに歩む
    京の美術
  ―洋画、日本画、工芸
結成から100年目の2020年。
本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。

分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。 日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、 新たな光のもとに明らかにしていきます。
本展は、植物への関心やフィールドワークから生まれた現代美術作品を通して、 人間がその環境とともに歩んできた道のりを考察する展覧会です。
6組のアーティストによる、ドローイングや写真、映像、インスタレーションなどのさまざまな表現から、 人間と環境のつながりを考えます。

本展はまた、人間と環境のつながりの「これから」を参加者とともに想い描く関連プログラムを実施します。
本展覧会は、京都国立近代美術館の所蔵品をご紹介するものです。

本展覧会では、京都国立近代美術館の所蔵品のなかから、京都ゆかりの美術家による洋画、日本画、工芸の名品約80点を展観し、 多様に展開した京都の美術の魅力に迫ります。

会場

パナソニック汐留美術館 (新橋駅)

会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー

会場

高崎市タワー美術館

期間

10月10日(土)~ 12月15日(火)

期間

8月29(土) ~ 11月8日(日)

期間

9月19日(土) ~ 11月8日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
MEDE SUWARU  茶の湯のわびと美 民藝の軌跡
 MEDE SUWARU
 − 今日みられる椅子
  茶の湯のわびと美  民藝の軌跡
ポストEXPO’70の作家達
「椅子の美術館」としても知られる当館では、「目で座る」展覧会を開催します。
どこに置きたい?どんな座り心地?など、椅子のかたちや色、素材を見ながら自由に想像して、 「愛でる」楽しみを見つけてみませんか。
野村徳七は、“得庵”と号し、茶の湯は藪内流、能は観世流を嗜む近代数寄者のひとりでした。

本展では得庵が数々の美術品を蒐集しながら、その美意識を実際の茶会において磨いていった経過など再現しつつ、 その行き着いたわびの境地を探っていきます
本展では、大阪日本民芸館の収蔵品より、EXPO’70終了後から現在にかけて制作された新しい世代の 作家達の作品を中心に、濱田庄司、芹沢銈介といった民藝運動草創期を支えた作家達や、武内晴二郎、沖塩明樹、柚木沙弥郎など 濱田らの薫陶を受けた世代の作品を展示します。

会場

埼玉県立近代美術館 (北浦和駅)

会場

野村美術館 (左京区南禅寺)

会場

大阪日本民芸館(千里万博公園)

期間

9月26日(土) ~ 11月3日(火・祝)

期間

10月24日(土)~ 12月13日(日 )

期間

9月5日(土) ~ 12月13日(日)

招待券 残り4枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
新収蔵品展 アイヌの美しき手仕事 悲運の画家たち
 新収蔵品展
学芸員が選んだおすすめ50
  アイヌの美しき手仕事   悲運の画家たち
本展では、平成28年(2016)の当館開館以降に新たに収集した肉筆画、版画、版本の中から当館学芸員が選んだ50点の 作品を展示し、開館以来の収集の成果の一端をご紹介します。

展示作品の多くが初公開となります。
本展では、当館の所蔵する柳のアイヌコレクションに加え、芹沢のアイヌコレクションも紹介し、併せて「アイヌを 最上の姿で示した展覧会であった」と柳が評した1941年の展示を一部再現します
柳がアイヌの工芸から受けた「真実なものへの強い感銘」を本展を通して共有することで、民族の多様性を尊重する社会へと 繋ぐことができれば幸いです。
ゴッホやモディリアーニのように、悲運の人生を創作の糧に変え素晴らしい作品を生み出した画家が、日本にも沢山います。
そのような画家たちの身に起きた「悲運」に焦点を当て作品に秘められたドラマに迫ります。
本展は初の試みとして、同じ嵯峨嵐山に位置する「福田美術館」「嵯峨嵐山文華館」のニ館共同で開催いたします。

会場

すみだ北斎美術館 (墨田区亀沢)

会場

日本民藝館(目黒区駒場)

会場

福田美術館 (京都市右京区)

期間

9月15日(火) ~ 11月8日(日)

期間

9月15日(火) ~ 11月23日(日)

期間

10月24日(土)~1月11日(月・祝)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら