展覧会ピックアップ artshow.jpの最新コンテンツをケータイでキャッチ! いつでもどこでもアート情報をご覧いただけます。QRコードでアクセス!
展覧会招待券のご進呈

Artshow.jp からあなたに展覧会招待券を先着順でプレゼント。お早めのお申し込みを!
該当展覧会の「招待券ボタン」をクリック、ポップアップしたメールフォームに、件名を【招待券プレゼント】とし、お届け先の郵便番号、住所、氏名、ご希望の展覧会名を明記の上、送信して下さい。

    招待券ボタン →招待券

展覧会ピックアップ

更新日:2019年7月17日

牛島憲之と檀会の洋画家たち 3は魔法の数字 奇蹟の芸術都市バルセロナ
牛島憲之 「白い船」 1988年 「252 bit」 
2010年 I氏コレクション
ジュアキム・ミール
《貧しき者の大聖堂》1898年
牛島憲之と檀会の洋画家たち    3は魔法の数字 奇蹟の芸術都市バルセロナ
ーカタルーニャ近代美術の精華ー
今回アートハウスでは、この「檀会」の創設会員の一人である、牛島憲之を中心に、同じく創設会員の脇田 和と山口 薫、 さらに岡 鹿之助と矢橋六郎の作品による展覧会を開催いたします。

戦後洋画壇の一時期を象徴する、非常に良質な表現世界を垣間見ることのできる内容になると存じます。
three(スリー|川崎弘紀、佐々木周平、小出喜太郎)は、1986年福島県生まれの3人が、2009年結成したアートユニットです。

今回はthreeの代名詞ともいえる魚型しょうゆ差しを用いたインスタレーションやフィギュアを用いた作品、 来館者のみなさんと一緒に完成させる作品など新作もご紹介します。
「バルセロナ、そしてカタルーニャにとっての「近代性」というものは新しく突然発生したものではありません。 19世紀中頃から20世紀の80年間にかけてバルセロナを中心に育まれた芸術こそ、まさにそのアイデンティティの 特徴を雄弁に物語る期間です」
本展ではその魅力を余すことなく、6章に分けて展観。スペイン屈指の美術館であるカタルーニャ美術館、 カウ・ファラット美術館の所蔵作品を中心に国内外の名品約150点をご紹介します。

会場

資生堂アートハウス (掛川市)

会場

高崎市美術館

会場

姫路市立美術館

期間

7月2日(火)~ 9月1日(日)

期間

7月13(土) ~ 9月1日(日)

期間

6月29日(土) ~ 9月1日(日)

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
自然布  江戸のスポーツと東京オリンピック 書物にみる海外交流の歴史
   自然布
 ―草木で織りなす―
江戸のスポーツと東京オリンピック 書物にみる海外交流の歴史
自然布とは、植物の繊維を用いて織りなされる布のことである。
自然布は、それぞれの植物ならではの風合いが豊かにあらわれ、原始的で力強い魅力を放っている。
本展では、日本各地の植物繊維を用いて織られた自然布を約70点紹介する。
自然の恵みと厳しさがそのままにあらわれた自然布の世界をお楽しみください。
本展覧会では、まず江戸時代の人々がどのような運動や競技を行い、あるいは見物して楽しんだのか、 紹介した上で、その後、西洋からもたらされたスポーツをどのように受容し、親しんでいったのかを振り返ります。

さらに、オリンピックへの出場・開催を目指した人々の栄光と挫折、を展観し、来る東京2020大会を盛り上げていきます。
古代以来、我が国の文化は大陸や半島の影響を大きく受けてきました。更に江戸時代にはそれらに加え、 西洋からも幅広い情報がもたらされるようになりました。
では、それらの“交流”はどのような形で本の中にみることができるのでしょうか。
本展では、全体を大きく4 つのコーナーに分け、さまざまな書物の中にみられる“交流の姿”を辿ります。

会場

大阪日本民芸館(千里万博公園)

会場

江戸東京博物館(墨田区)

会場

静嘉堂文庫美術館 (世田谷区)

期間

3月2日(土) ~ 7月15日(月・祝)

期間

7月6日(土) ~ 8月25日(日)

期間

6月22日(土) ~ 8月4日(日)

招待券 5枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
松方コレクション展 食の器 ロートレックとベル・エポックの巴里
  松方コレクション展       「食の器」 ロートレックとベル・エポックの巴里-1900年
本展は、松方コレクションにまつわる最新の発見や研究成果をふまえ、20世紀初頭のヨーロッパの美術品収集を巡る 動向に新たな光をあてるものとなります。
名高いゴッホ《アルルの寝室》や、近年再発見されたモネ《睡蓮、柳の反映》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や 歴史資料とともに、松方コレクションの百年に及ぶ航海の軌跡をたどります。
本展では、「生活と美の結合」を目指した柳宗悦のコレクションから 「食の器」に着目し、江戸時代の饗応や年中行事で使用されたハレの器、 わび茶の系譜に連なる茶の湯と懐石の器、そして柳が日常生活で使用した食器を軸に展観します
19世紀末から20世紀初頭にかけての「ベル・エポック(良き持代)」と回顧される時代のパリで活躍し、 ポスターを芸術の域に高めたといわれる画家トゥルーズ・ロートレックの版画作品や素描を中心に、同時代のエドガー・ドガ、 メアリ・カサットらを含む137作家、300点の作品を展示。

会場

国立西洋美術館 (上野公園)

会場

日本民藝館(目黒区駒場)

会場

河口湖美術館(富士河口湖町)

期間

6月11日(火) ~ 9月23日(月・祝)

期間

6月25日(火) ~ 9月1日(日)

期間

6月15日(土) ~ 9月1日(日)

招待券  20枚

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら