• 「artshow1」
  • 「artshow2」
  • 「artshow3」
  • 「artshow4」
  • 「artshow5」

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

華ひらく皇室文化

特別展 華ひらく皇室文化
ー明治宮廷を彩る技と美ー

3月16日(土)~5月10日(金)

明治皇室は伝統文化の保護を提唱し、「帝室」(皇室)が「技芸」(美術)の制作活動を奨励する「帝室技芸員」制度が誕生します。 美術界の最高の栄誉とされた彼らの作品は、日本文化の象徴として海外でも賞賛されました。   明治150年、そして新時代の幕開けの今、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美をご覧ください。

泉屋博古館分館(港区六本木)

詳しくはこちら

クマのプーさん展

クマのプーさん展
―イギリスから渋谷へ―


2月9日(火)~ 4月14日(日)

本展では、シェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画を所蔵するロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の コレクションの中から、シェパードの原画に加え貴重な資料や写真、手紙など200点以上を一挙公開し、プーさんの誕生から 世界的な広がりまでを紹介します。

Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)

詳しくはこちら

クリムト展

クリムト展
ウィーンと日本 1900

4月23日(火)~ 7月10日(水)

没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、 甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、日本では過去最多となる25点以上の油彩画を紹介します。

東京都美術館(上野公園)

詳しくはこちら

フランソワ・ドービニー展

フランソワ・ドービニー展

4月20(土)~ 6月30日(日)

 19世紀フランスを代表する風景画家シャルル=フランソワ・ドービニーの国内初の本格的な展覧会です。
刻々と変化する水辺の情景を素早いタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、 クロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえました。
本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにドービニー周辺の画家たちに よる作品約20点を展示します。

損保ジャパン日本興亜美術館(西新宿)

詳しくはこちら

ギュスターヴ・モロー展

ギュスターヴ・モロー展

4月6日(土) ~ 6月23日(日)

モローは、神話や聖書を主題としながら独自の理念や内面世界を表現した象徴主義の画家です。
本展は、パリのギュスターヴ・モロー美術館の所蔵作品より、女性をテーマにした作品を一堂に集め、身近な女性から ファム・ファタル(宿命の女)まで、多様な女性像を紹介し、新たな切り口でモローの芸術の魅力をご紹介します。


パナソニック汐留ミュージアム

詳しくはこちら

トルコ至宝展

トルコ至宝展
チューリップの宮殿 トプカプの美

3月20日(水)~ 5月20日(日)

本展では、イスタンブルのトプカプ宮殿博物館の数多の所蔵品を中心に、16世紀から19世紀までの貴重な 宝飾品や工芸品、調度品を紹介します。
約170点の作品を通して、トルコの歴史、文化、美を愛でる 国民性をより深く理解する機会となれば幸いです。

画像:《宝飾手鏡》
16世紀末トプカプ宮殿博物館蔵

国立新美術館(港区六本木)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

小金沢健人展

小金沢健人展
–裸の劇場–

4月14日(土) ~ 5月6日(日)

Naked Theatre –裸の劇場–

小金沢は、KAATが保有する舞台用の
照明や音響設備、スモークマシーン
などを身体器官のようなものとして
捉え、「演目」ではなく、むき出し
になった劇場を顕在化することに
着目しました。

神奈川芸術劇場 (横浜市中区)

詳しくはこちら


岩合光昭写真展

岩合光昭写真展
 ーねこづくし

4月23日(火)~ 6月30日(日)

2012年にはNHK BSプレミアム「岩合
光昭の世界ネコ歩き」が放送を開始、
2019年2月には初映画監督作品
『ねことじいちゃん』が公開される
など、その活動の幅を広げています。

本展では、「島の猫」「やきものの
里のネコ」シリーズを中心に、岩合
が日本各地で撮影した猫たちの写真
作品、200余点を紹介します。

画像:小淵沢町(現・北杜市)

川崎市市民ミュージアム(川崎市中原区)

詳しくはこちら

ラリック・エレガンス

ラリック・エレガンス
宝飾とガラスのモダニティ

2月24日(日)~ 4月21日(日)

本展では、ユニマットグループが所蔵
するラリック・コレクションより、
19世紀末から20世紀初頭の貴重な
ジュエリーはじめ、晩年までの
ガラス作品を展観します。

宝飾とガラスのフィールドにおいて、
アール・ヌーヴォーとアール・デコ
という2つの様式を生み出した
ラリックの優雅な作品世界を
お楽しみください。

練馬区立美術館(中村橋)

詳しくはこちら

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2018/10/9

■スマホ対応【ギャラリー個展ガイド】をリリース

個展情報(開催予定個展、個展スケジュール、個展履歴)を
掲載したギャラリー様向け「個展ガイド・WEBページ」です。
スマホ版でクリックするとギャラリー様に電話がつながる
<問合せ>ボタンを設置しました。
掲載した開催予定個展は同時に「Artshow.jp/展覧会検索」
より検索表示されます。
 
詳しくは「貸しギャラリー・画廊様へのご案内」をご覧下さい

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・博物館・公共施設様へのご案内 貸しギャラリー・画廊様へのご案内 百貨店・商業施設・その他様へのご案内 Artists様へのご案内