• ebook
  • 岡本太郎
  • 岡本太郎
  • 岡本太郎
  • 岡本太郎
  • 岡本太郎

今週の展覧会ピックアップ-Weekly Exhibitions PickUp-

「動画クリエイター展」

「動画クリエイター展」

10月8日(土)~ 4月2日(日)

本展では、様々なジャンルで活躍するトップ動画クリエイター(YouTuber)9組の素顔を、展覧会限定動画とともに紹介します。
「新たな文化」と言えるほどの影響力を持つ彼らの姿から、「自分」を発信する力や新時代を生きるヒントを見つけられることでしょう。

日本科学未来館(江東区青海)

詳しくはこちら

「芭蕉と蕪村と若冲」

「芭蕉と蕪村と若冲」


10月22日(土)~1月9日(月・祝)

本展は、与謝蕪村と蕪村が憧れた松尾芭蕉、蕪村と同じ年に生まれた伊藤若冲、三人の足跡を辿るものです。

松尾芭蕉の《野ざらし紀行図巻》の特別公開とともに、若冲筆の《蕪に双鶏図》や蕪村筆《猛虎飛瀑図》など、 若冲と蕪村の代表作を多数展示いたします。

福田美術館(右京区嵯峨)

詳しくはこちら

神坂雪佳

つながる琳派スピリット
神坂雪佳

10月29日(土)~12月18日(日)

本展は、雪佳が手本とした琳派の美の潮流を本阿弥光悦や尾形光琳らの名品にたどるとともに、古典と近代的発想を融合させ、      美術と意匠の二つの分野を自在に往来した近代琳派・神坂雪佳の多彩な世界をご覧いただきます。

パナソニック汐留美術館 (港区東新橋)

詳しくはこちら

柳宗悦と朝鮮の工芸

柳宗悦と朝鮮の工芸

9月1(木)~11月23日(水・祝)

 柳宗悦は早くから朝鮮時代の工芸に注目し、その透徹した審美眼によって優れた蒐集を成しました。
本展では館蔵する陶磁器を中心に、絵画や木工品、石工品、金工品などを展示して、それらに宿る民族独自の造形美を紹介します。

日本民藝館(目黒区駒場)

詳しくはこちら

鉄道と美術の150年

鉄道と美術の150年

10月8日(土) ~ 1月9日(月・祝)

この展覧会では、鉄道と美術150年の様相を、鉄道史や美術史はもちろんのこと、政治、社会、戦争、風俗など、 さまざまな視点から読み解き、両者の関係を明らかにしていきます。
日本全国約40カ所から集めた、「鉄道美術」の名作、話題作、問題作約150件が一堂にそろう展覧会です。

東京ステーションギャラリー(東京駅)

詳しくはこちら

岡本太郎

岡本太郎

10月18日(火)~12月28日(水)

いまなお人々を惹きつけ、世代を超えて共感をひろげる岡本太郎。
本展は、岡本芸術の特質と本質、さらにはその底流にある人間・岡本太郎を、展覧会場の空間体験をとおして一人ひとりが感知する体感型の展覧会です。

東京都美術館 (上野公園)

詳しくはこちら

注目作家の個展-Fuatured Artists Exhibition-

大竹伸朗展

大竹伸朗展

11月1日(土) ~ 2月5日(日)

大竹伸朗の大規模な回顧展。
半世紀近くにおよぶ創作活動
を一挙にご紹介します。
最初期の作品から近年の海外
発表作、そしてコロナ禍に
制作された最新作まで、
およそ500点の作品が一堂に
会します。
小さな手製本から巨大な小屋
型のインスタレーション、
作品が発する音など、ものと
音が空間を埋め尽くします。

東京国立近代美術館(北の丸公園)

詳しくはこちら


平子雄一

平子雄一
×練馬区立美術館コレクション

11月18日(金)~ 2月12日(日)

本展は練馬区在住の気鋭の
アーティスト・平子雄一
(1982~)と当館コレクション
とのコラボレーションです。

平子が当館コレクションの中
から自然をテーマにした10点
の絵画を選び、それらの作品
から様々な要素を取り込んだ
新作絵画を制作、選んだコレ
クションとともに公開する
展覧会です。

練馬区立美術館 (石神井公園)

詳しくはこちら

中﨑透 フィクション・トラベラー

中﨑透
フィクション・トラベラー

11月5日(土) ~ 1月29日(日)

本展は、ズレをテーマにゆるやか
な手法で多様な作品を制作する、
美術家・中﨑透による美術館初の
大規模個展です。

中﨑が近年展開する、インタビュ
ーをもとにした文学的インスタ
レーションに着目し、水戸および
水戸芸術館にまつわる最新作を
発表するとともに、代表作を含む
旧作も取り上げ、中﨑透の全貌を
紹介します。

水戸芸術館(水戸市五軒町) 

詳しくはこちら

ArtShowからのお知らせ-What'sNew-

2022/11/20

■「オンライン個展」開設 。

 画集・作品集の電子版「eBook」を作成、掲載作品を
 販売する「オンライン個展」を用意しました。
 個展終了後、作品販売の場として利用して下さい。
 ご案内 → https://artshow.jp/manual/ebookexhibi-A.pdf
 「きりえ 東山一勇気」 → https://e-gallery.co.jp/ebook/higashiyama

#弊社で「eBook」を作成、ご指定のHPサーバーに
 アップロード(公開)いたします。

  事例:稲門山岳会HP → http://wacob.net/
    「100周年記念誌」 → http://wacob.net/100th-anniv/

ArtShowからのお知らせ一覧へ

展覧会主催者様へのご案内-Participant Information-

「ArtShow.jp」は、展覧会をWEB上に告知、PRするサイトです。
展覧会主催者は、当サイトに用意されている「展覧会情報登録画面」より、
イメージ 画像と展覧会データー(概要、会期、会場等)をご自身のパソコン
より登録してください。 料金は無料です美術館・博物館・公共施設様へのご案内 貸しギャラリー・画廊様へのご案内 Artists様へのご案内